~有朋遠来~

MMORPG「Trickster0-ラブ-」関係中心です(*'(ェ)'*)b

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大まかな流れのメモ

変更する可能性大いにありです。
9月13日心境:2月14日~12月19日までの流れを書く。
なげええええええ、これ書ききれる自身がなくなったOTL
9月14日:いろいろと手直しする。
2011年12月8日:話の進行上の矛盾点を探しつつ修正する


0179年  第一話 New Year's Eve 
12月31日
シャルアたちテロリストに襲われる(バートン、エレナ死亡)

0180年   第二話 The New year's pine decoration is not happy

      第三話 It begins to step on a new age.

1月1日
MS研究所に逃げる(セイラ死亡)

マルスガンダムを使ってテロリストを撃退

ニュースなどで父親の会社も襲撃された事実を知る。

1月2日
父親の秘書が無事なのを聞いて話を聞きにいく
ダニルと会う、メイドが3名無事なのを確認同行する

父親は生きていて隠れ家にいることを知り、あいにいく

1月3日0時00分
ジオン軍にそのあとをつけられ、終戦記念の日、ジオンの火星圏独立宣言と宣戦布告と同時に
シャルアたちも襲われる。
ラシードが許可なくMSを使用し部下を引き連れていく。
(プチモビで応戦しようとした父親死亡)
ショックでシェリルが言葉を失う
失敗したラシードはそのせいで処刑されそうになる。
表向きは処刑扱いだが、総帥にその命を救われ忠誠を誓う。
それと同時にシャルアたちに激しい憎悪を抱くようになる。
公式には処刑された身なので偽名を名乗り、黒い仮面をかぶる。

不意の攻撃により火星の衛星基地、艦隊が壊滅的な打撃を受ける。
ジュネルが新型戦艦で脱出する。
火星に逃げ、MSを受け取ろうとしてシャルアたちと出会い彼らを受け入れる。
MS研究所の所員たちもほとんどがメンテナンス要員として搭乗する。

1月7日
航行中ジオン軍に見つかり苦戦しているところへ、なぞの戦艦が現れて助けてもらい情報を得る。
司令官の名はトビア・アロナクス
MSメインパイロットはルスト・エヴィン(ウッソの子供)と名乗る。
彼らは太陽系最大の財団となったテテニス財団の私設部隊で火星に向かった貨物船団の護衛として
訪れていたという。
艦の名前はイキュアリティドルフィン
木星護衛艦に乗船していたパイロット2名、船員5名が協力者としてヴァストゥシャトラへと移る。

1月31日
残った火星圏連邦軍と合流し、反抗作戦を開始するも敗北する

2月14日
後手後手に回り、ジオン復活の話を聞いても何もしようとしない地球圏の官僚たちにじかに報告するため
地球へと向かうことを計画する。
シャルアは乗艦している女性からたくさんのチョコをもらう。面白くない艦内の男性人&クレア。

ジオン軍が地球に侵攻することを聞き、それに乗り込もうとする。

2月21日
シェリルとクレアを残し、シャルアとジュネルの2名がミクロメガスに乗り込む。
乗り込む際、進宙式に参加したミネバが懐かしい感覚を覚えるといい。シャルアのことを感じ取る。
赤い仮面の男初登場リュミナの護衛役としてそばに寄り添う姿がTV中継で報道されそこに映る。
それと同時に黒い仮面の男もわずかながらTVに映る。
※地球侵攻部隊
ミクロメガス1隻
グラティア級戦艦4隻
ムルガン級戦艦16隻
タラニス級戦艦48隻

うまく乗り込むも、2ヶ月もの長期間食料がもつわけもなく、
あらかじめ入手していたジオン軍用のスーツを着込んで内部に侵入する。
その際にシャルアはリュミナ・ザビと出会う。
シャルアはリュミナに一目ぼれする(自覚は薄い)。
同世代の知り合いがいないリュミナはシャルアと友達になりたがる。

2月25日
ドジオン4人組の新米として、ジオン軍に潜伏する。リュミナが気遣いをしてジオン軍の兵士として登録する。ここだと怪しまれないでしょとシャルアのことを考えてくれたつもりだが、こき使われて逆にシャルアは不快指数増大する。

3月25日
ミクロメガス月に到達目前。連邦軍の第1次防衛網と接触。完勝する。
この時にまぎれてシャルアとジュネルはミクロメガスより離脱。極秘任務と偽りドジオン4人組の力を借りつつ一番近いコロニーにたどり着く。


3月31日
地球行きの切符を手に入れるも、ジオン軍と連邦軍の戦争に巻き込まれ連邦側に味方するように
ジオン軍と戦う。このときドジオン4人組と合見えるが、ミクロメガスでのことを思い出し、撃沈はしない。このときジオン軍と連邦ともにマルスガンダムが地球圏にいることを知られる。
黒い仮面の男がシャルアを倒そうと独断で動こうとする。


4月3日
シャトルは地球へと降りれなくなり、マルスガンダム単独での地球降下をしようと試みる。
途中黒仮面の率いるジオン軍の邪魔にあい、落下ポイントがずれて日本の四国南西沖に降下することになる。
(本来なら落下角度のせいで燃え尽きるところだろうが、ガンダムの能力が思ったよりも高く計器類の故障はあるものの無事に地球に降下する)

4月4日
落下ポイントに近い町に行き、MSの修理のため部品の買出しと宿を求めて町に行く。
そのときに「月舟宗白」と出会い。彼をスカウトしに来た「レヴィナス・リバイアス」と
初めて顔を合わせることとなる。
3人が同じ場所にそろったときNT同士の共感とでもいうべき現象が起こるが、そのときになぜかシャルアはレヴィナスに不快感を感じるようになる。シャルアは警戒感を持ちつつも「月舟宗白」には心が許せるように思い、彼の進めもあってジュネルと相談し「レヴィナス」を頼って連邦議会へと赴く。

4月12日
連邦評議会において証言をするシャルアとジュネル。
それによって機会を得た「レヴィナス」はかねてから計画していたネオジオン討伐の任を正式に受けることとなる。
この後すぐに地球連邦軍人としてシャルアは准尉を授かる。
また正式なマルスガンダムのパイロットとして任命される。
ジュネルはこの功績で中佐に昇進する。新しいMSを授かる。新造戦艦エリュシオンの艦長に任命される。

4月19日
地球に侵攻してきたジオン軍に対して反撃作戦が開始される。
シャルアは出撃してきたリュミナと対峙する。
シャルアの説得に応じずに戦闘し、戦いの最中に流れ弾に当たったせいでリュミナの操るMSが故障し
捕虜としてシャルアがエリュシオンにつれてくる。
パイロットスーツとヘルメットのせいで、ザビ家のものとは他のものに教えずにジュネルにだけその正体を
教える。

4月21日
地球圏コロニーのバックアップを受けながら隕石群に拠点を構える反連邦政府勢力が火星圏ネオジオン軍と接触を試みようとする情報をキャッチし、掃討作戦が行われる。
シャルアとジュネルもこれに参加する。
赤仮面と初めて戦闘をするシャルア&ジュネル、シャルアはミクロメガスにいた時からその行動と言質に興味を示しており信頼できる人間と判断して次に会うときはリュミナを受け渡そうと考える。
連邦軍の作戦は順調に成功し、接触を試みに現れた火星圏ネオジオン軍も敗退する。
赤仮面撤退

4月27日
地球圏の反政府組織の協力を受けることができなくなった火星圏ネオジオン軍は   中将の独断で
戦功に走り地球降下作戦を開始しようとする。
それを迎え撃つレヴィナス艦隊。
激しい戦闘が繰り広げられる。

4月29日
地球降下作戦に失敗したネオジオン軍はリュミナを失い、戦功に走った  中将の指揮に乱れが生じてしまう。
その隙を突いて「レヴィナス」の指揮する艦隊との戦闘で敗退する。
この混乱に乗じて赤仮面と接触しシャルアがリュミナを独断で逃がす。
リュミナはここからシャルアに惚れはじめる。
ジュネルはこれを目撃するも、わざと見なかったことにする。
敗戦報告を受けたバラル・ザビは軍備増強を提案し施行させはじめる。

5月2日
地球圏コロニーの反政府組織が火星圏ネオジオン軍を逃がすためにシンガリを努めようと討ってでる。
シャルアはフォルテと名乗るNTの少女と接触する。
シャルアと激闘を繰り広げるも、連邦軍の増援が駆けつけたことを受けフォルテは撤退する。


6月9日
セブンスタージュピトリス完成
第1次火星圏ネオジオン軍討伐部隊が組織され、ジュネルとシャルアもそれに編成される。
先の2回の戦いで戦績を収めたことによってシャルアは少尉に昇進する。
捕虜を捕まえたはいいが逃がしてしまった責を問われ、ジュネルの昇進は見送りになる。
第1次討伐軍は、セブンスタージュピトリス×1 レスペランザ×1、ドミニオン×8、ルー・ガルー×24、巡洋艦×32隻

6月12日
火星圏ネオジオン軍討伐のため出撃を始めたレヴィナス艦隊だが、反連邦政府組織に突如奇襲を受ける。
フォルテ率いる部隊に先行部隊が苦戦を強いられる。
レヴィナスの命令によりジュネルとシャルアは増援に向かう。
2人乗りをしていたフォルテは前々から手に入れていた連邦軍のIDを使い
どさくさに紛れて討伐軍に潜入する。
後に駆けつけてきたシャルアはフォルテが乗っていた機体を撃破するも、前回と違いあまりの手応えのなさに
奇妙な違和感を覚える。

7月30日
敗退したジオン軍地球侵攻部隊が火星に戻る。
上層部は報告を受けるも地球において勝利した凱旋帰国だと うそのニュースを流す。
その傍ら、以前からミネバに相反して軍備増強を唱えていた息子のジオン軍曹司令官バラルはその考えが正しかったことを述べ、計画が頓挫していた戦艦の増産を急ピッチで仕上げるよう命令する。
ミネバは表舞台から離れることになる。

8月25日
火星圏ネオジオン軍第1次防衛網に連邦軍が接触。フォルテから事前に連絡を受けていたジオン軍は
迎撃体制を構えており、作戦が筒抜けとなってしまった↑、ミネバ直下の部隊「」の活躍によって
レヴィナス率いる連邦軍が初戦において苦戦を強いられる。
このときヴァストゥシャトラと合流する。
再会を喜ぶクレアとシェリルをはじめとする乗組員たち。
ジオン軍
ミクロメガス1隻
グラティア級戦艦4隻
ムルガン級戦艦12隻
タラニス級戦艦40隻

9月23日

善戦むなしくも地球圏でダメージを負った艦隊と老朽艦ばかりのジオン軍は
次第に疲弊が目立ち始め、ついには敗北し第1次防衛網が突破される。
辛くも勝利した連邦軍だが初戦においてかなりのダメージがあり侵攻を一時停止する。

9月30日
木星圏にいるネオジオン軍艦隊が火星に進撃した連邦軍に近づきそれをレヴィナスが察知する。
確認をとるため連邦評議会とチャンネル回線を開くも
木星圏連邦軍は敗退したことを連邦評議会からそのとき初めて報告を受ける。
木星圏で活動していた私設軍隊は全滅。
イキュアリティドルフィンは木星から脱出し火星へと向かう。

木星からの援軍(ジオン軍)
グラティア級戦艦2隻
ムルガン級戦艦8隻
タラニス級戦艦32隻


報告が遅いことに激怒するレヴィナス。
支援部隊が遅れる報告を受けたことと
後方から攻められるため進行を停止せざるを得なくなり、先行遊撃部隊として
エリュシオンとヴァストゥシャトラを独立部隊に任命する。
ジュネルが大佐に昇進する。
フォルテは先行部隊に入ればジオン軍との接触の機会も多いと判断し、独立先行部隊へ配属を嘆願。
彼女のプレッシャーに何かを感じ入ったシャルアはジュネルに了承するよう進言。
ジュネル自身もフォルテに何かを感じ取り、受諾する。


10月5日
シャルアの誕生日16歳となる。
この日ミネバから助言を受けたリュミナはシャルアのもとに行く。
一時の戦闘、そしてフォルテの行動のによる混乱を機にリュミナはエリュシオンに潜入。

ジオン軍に激しい憎悪を抱くクレアは受け入れられずシャルアと大喧嘩。
誕生日プレゼントも渡せず艦を降りてしまう。
向かった先はレヴィナス艦隊。
そこでリュミナをかくまっている事実を報告する。
クレアは自ら志願してMSパイロットとなる。
この争いの際に、シャルアの生い立ちについて触れてしまい、
それを聞いたフォルテがシャルアのことに関心を持ち始める。

10月6日
フォルテと同じくエリュシオンには反レヴィナス派の連邦軍兵士が配属されており、
レヴィナスの監視役をしている参謀長に連絡。
故意にネオジオン軍のリュミナと接触を図っている上にレヴィナスが重用したNTパイロットが
ジオンダイクンの曾孫にあたり、レヴィナスに連邦を裏切る可能性があるのではと報告。
報告を受けた参謀は直ちにレヴィナスに対して責任追及を行う。

10月7日
苦々しい思いをしつつも理想実現のために不確定要素となった独立部隊を
切り捨てる判断を即座にしたレヴィナス。
独立遊撃部隊が離反したとレヴィナスが公表する。
孤立状態になり艦内で暴動が起きる。
ジュネルの働きで何とか鎮圧するも、エリュシオンに乗っていた多くの人間が去る。

10月10日
物資の不足で補給が必要になる。
孤立状態になっている2隻はあてがなく困惑するがリュミナの提案で
ミネバに頼ることになる。
艦内ではジオン軍を利用するだけだという。
シャルアがミネバと始めて対峙する。
度重なる失敗でミネバの屋敷に住む警護役になったドジオン4人組と再会する。

10月15日
第1次防衛網でのダメージを修理し木星からのネオジオン援軍をからくも撃破し終わったレヴィナス艦隊。
地球からの援軍と合流し、火星へと進撃を開始する。
それと同時にジオン軍の姫君がいるという元・独立部隊に軍を差し向ける。
追跡部隊に任じられたのはレヴィナスの監視役に選ばれていた反対勢力の者。
バートンの孫登場、クレアと出会う。クレアに惚れる。クレアはその気なし。
レヴィナス軍残存艦隊セブンスタージュピトリス×1 レスペランザ×1、ドミニオン×4、ルー・ガルー×6、巡洋艦×11隻
後援ドミニオン×8、ルー・ガルー×24、巡洋艦×24、補給艦×48隻

合計:
セブンスタージュピトリス×1 レスペランザ×1、ドミニオン×12、ルー・ガルー×30、巡洋艦×43隻、補給艦48隻

10月28日
軍備増強で生活が追い詰められた火星圏の人々がジオン軍に不満を持つようになる。
それを見たシャルアとリュミナは自分たちがどうすればいいか考え始める。
ミネバと相談し、自分たちが進むべき道を模索し立ち上がる。
ミネバからエクセリヲンガンダムを受け取る。
リュミネールエンプレスを受け取る。
ドジオン4人組が仲間になる。
天才科学者「シド・ミルド」が仲間になる。
ミネバ直属の部下もしくは信奉者である千数百名が協力者となる。

11月3日
離反したシャルアたちを追い続けていた追跡艦隊がシャルアの母親を拿捕。
シャルア達は助けに駆けつけるも間に合わず、追跡部隊の司令官は
人質として使用し、公開処刑する。

11月7日
いつまでも悲観しているシャルアにリュミナが激を飛ばす。
同じく精神的にダメージをうけているシェリル。
励ますためにドジオン4人組がペンギンの格好をして元気付けようとする。
ジュネルにもひっぱたかれたシャルアはそんな様子を見て
ミネバの後押しもあり、わずか16歳にして決起する。
このときシャルア・ランバートから「ラダム・ダイクン」の名を語る。
しかしジオン軍でも連邦軍でもない、人類の正しき姿を取り戻す理想を掲げた
第3の勢力「ELP ※EVER LASTING PEACE」を名乗る。
ミネバの命によりミネバ直属の部下である赤い仮面の男がシャルアに助太刀することを約束する。
同じく木星から脱出しミネバに匿われていたイキュアリティドルフィンのメンバーもそれに協力することになる。
マルスガンダムMkⅡを受け取る
マルスガンダムMkⅡ用支援機グリードファイターを受け取る。
※合体してバーストマルスガンダムとなる。
ガンダムザイフリート(テテニス財団が作った新型MS)パイロット:ルスト・エヴィンが仲間になる
フラガラッハ(赤仮面の愛機)が仲間になる。
フォルテが身分を明かし、正式にパイロットとしてジュネル、シャルアに協力をすることになる

ELP戦力
旗艦エリュシヲン
  ヴァストゥシャトラ
  イキュアリティドルフィン
  イキュアリティホエール
  イキュアリティシャーク
  アーウェルンク
  ムルガン4隻(ミネバ派のジオン軍)
  タラニス8隻(ミネバ派のジオン軍)

11月18日
シャルア決起後初めて追跡部隊と接触、
クレアとバートンの孫もそこに配属され戦闘することになる。
バートンの孫はジオンダイクンの血を引くものを憎んでいる。
追跡部隊は敗北しクレアとバートンの孫は脱出する。
クレアが強化人間手術を受ける

12月1日
クレアが第2次追撃部隊に配属される。
シャルア達はまずはミネバの祖父を説得しようと火星から宇宙に出る。
追撃部隊と接触し戦闘になる。

12月8日
3軍会議が行われる。
連邦軍:レヴィナス、マティアス ダイク、クレア、バートンの孫
ネオジオン軍:ザビ、黒仮面ラシード、 ・ロナ
ELP:シャルア、リュミナ、ミネバ、ジュネル
交渉は決裂する。
クレアがレヴィナスにあらかじめ手渡された銃でリュミナを撃つ、ミネバがかばい弾丸が当たる、致命傷とまではいかなかったが老体ということもありかなりのダメージを負う。
あまり長く持たないと悟ったミネバが自身のコピーに脳移植をする。
本格的にジオン軍本勢力とレヴィナス軍が戦闘開始する。

12月15日
レヴィナス軍:ティターンガンダム(サタンガンダム)完成間近となる。
軍備を増強したジオン軍と戦闘を開始。
戦力的に劣る連邦軍はジオン軍に押されはじめるが
ジ・エンドを駆るレヴィナスらNT部隊によって持ちこたえる。
シャルアたちを追いかけるラシードと戦闘が開始される。
すでに強化人間の手術で恐ろしい力を得たラシードはシャルアを追い詰めるも
不思議な光に包まれたシャルアの乗るエクセリヲンガンダムは超高速での運動性を発揮してこれを撃退する。

ジオン軍
ゴリエラ級戦艦2隻
グラティア級戦艦6隻
ムルガン級戦艦24隻
タラニス級戦艦72隻



12月19日
レヴィナスたちに対抗するため、バラル・ザビがΩ・ジールに乗り、強化人間部隊を率いて戦場に赴く。互角の戦いを繰り広げ、戦場は一時膠着状態になる。
ELPの主力NTメンバーがこの戦いに加わり三つ巴の戦いに突入する。
シャルアはクレア、バートンの孫の2名と戦う。
他にも手練なMSパイロットを相手にし苦戦して隙ができたところへバートンの孫がトドメをさそうとし、
ビームサーベルを投げつけると、一番近くにいたクレアがとっさにかばい被弾、大破する。
戦場に妙な感覚を感じたレヴィナスとバラルは機を見計らって一時撤退をする。

12月20日
クレアの死に悲しむランバート家に使えているメイド3人組とシャルア達だが悲観にくれる余裕は早々なかった。次の戦闘が始まりシャルア達も出撃する。
好意を寄せていたクレアを失ったバートンの孫は怒り狂い、シャルアを探す。
シャルアは同じく出撃しているマティアス ダイク、月舟宗白ら2人と交戦する。
それを見つけたバートンの孫も戦いに参加するが、リュミナの加勢もあったせいで敗退する。
爆発寸前のとき、シャルアとリュミナの機体が近づいて隙を見せていたため銃を発射。
同じく近くで戦っていたミネバがその殺気に気がつき、2人をかばって直撃する。
これによりミネバ死亡

12月21日
なおもシャルア達を攻めてくるマティアス ダイク、月舟宗白だったが補給の警告アラームがなり
一時撤退する。ミネバを失った悲しみで涙が流れ出るリュミナ。
ほっとする暇もない。
母の死を感じ、そして彼らの存在を感じ取ったバラルがΩ・ジールで彼らに近づいてくる。
ミネバの願いを説き祖父を説得しようとするも聞き入れてもらえず、邪魔者と判断され2人と交戦する。
途中サタンガンダムが起動し、艦隊にダメージを与えられはじめているためバラルは戦闘を中断して旗艦に戻る。

12月21日
艦隊の立て直しを図りつつ、連邦軍と応戦するジオン軍。
数では勝っているもののサタンガンダムの破壊力はすさまじく、軽視できないものであった。
火星の衛星フォボスに建造されていた旧連邦軍火星圏拠点基地で建造途中であったブリューナクという
小型のカイラスギリーを用い、連邦艦隊に照射する。
連邦軍はこれによってセブンスタージュピトリスと10隻ほどの艦隊を失い、さらにサタンガンダムの左腕が吹っ飛ぶ。しかしひるまずになおもジオン軍旗艦ゴリエラに近づいていき搭載されているビーム兵器を駆使しこれを撃沈せしめる。バラル・ザビ戦死。
祖父と曾祖母を失ったリュミナは気丈を保てず泣き崩れ戦意を失う。

12月22日
総司令官を失いジオン軍に乱れが生じる。
連邦軍もセブンスタージュピトリスを失った上、多くの戦艦が撃沈した。
その上ブリューナクという超広域破壊兵器が存在するため指揮系統が崩れたとはいえ油断はできない。
指揮官は現在ザビ家の長兄である「ロマノフ」に移り自体を収拾しようとしている。
長兄「」は穏健派の方で戦力的には優位に立っているために停戦協定を結ぼうとするが、
「レヴィナス」にそれを打診するもそれを拒否される。
サタンガンダムはすでに衛星要塞フォボスにあるブリューナクを破壊せんとしていた。

12月23日
サタンガンダムの猛攻にジオン軍は次々と撃破され、とうとうブリューナクの近くに迫る。
一方レヴィナス、マティアス・ダイク、月舟宗白らはブリューナクの第一射で受けた損害により、戦力が減少したことによって防戦一方となる。
兄であるロマノフ・ザビに危機が迫っていると察知したリュミナはこれ以上家族を失いたくない思いを抱えて、単身ブリューナクへと向かう。
それを手助けしようとシャルアはジュネルに相談し、ブリューナクの照射機能を無くし、サタンガンダムを破壊して互いの切り札を消失させることで、再び交渉につけることができるように戦況を動かすことで承諾。

12月23日深夜~24日
サタンガンダムに追いついたリュミナ、シャルアは交戦をはじめる。
左腕を失ってはいるものの、その戦闘能力のすさまじさに二人は苦戦する。
ジオン軍もブリューナクを守るため戦力を投じ、戦いは激しさを増す。
サタンガンダムの猛攻にジョン軍は蹴散らされ、ブリューナクの起動が不可能になるまで破壊される。
ブリューナクの破壊が確認された後に、サタンガンダムの破壊に集中するシャルアたち一行。

攻撃力に乏しいMSでの攻撃はサタンガンダムには通用せず、防戦一方のシャルアたち
それを見かねたスヴェン・ロドア中尉は胸部にある大型メガ粒子砲が発射数秒前に開閉する隙を突いて
特攻を仕掛ける、ビームサーベルを突き刺してサタンガンダムにダメージを与えるもそこまでにいたった
損傷が元で彼の乗るMSは破壊される。
サタンガンダムはビーム発射口からダメージを受けていきその爆発に耐え切れず、本体は起動不能になる。
しかし頭部は脱出し、MS形態に変形してなおもシャルアたちを追い詰める。

12月24日午前0時~
頭部のみといえども50mほどもある巨大なもので、その攻撃力と防御力はすさまじく
シャルアたちはなおも苦戦を強いられる。
切り札を破壊されたサタンガンダムの搭乗者「ニトル・ファインマン」は激情し、レヴィナスのテレパスによる制止を振り切り、執拗に攻める。
また祖父を殺された憎しみでリュミナの感情も高ぶり応戦する。
苦戦しているところを見たジオン軍の戦艦が、リュミナを助けるために間に入る。
戦艦の主砲を受けるがIフィールドにより相殺される。
邪魔に入ったその戦艦を排除しようと攻撃を仕掛けるも、その戦艦は特攻をかけサタンガンダムヘッドの至近距離で爆散。
近くにいたリュミナの乗るリュミネールエンプレスもその爆発に巻き込まれ吹き飛ばされてしまう。
しかし、なおも生き残っているサタンガンダムヘッド、残された力でシャルアを倒そうとするも
力及ばずに敗北する。
両軍が退却をはじめる中、シャルアはリュミナを探し出し母艦へと帰還する。

12月24日午前1時~
母艦へと帰還したシャルアたち、リュミナは傷ついており集中治療室へ。
戦場は一時の静けさに包まれるも、レヴィナスは1夜あけた後さらに攻め入ることを命令する。
すでに消耗が激しい上、切り札を両群が失ったことを理由に休戦協定を結ぶことを提案する
月舟宗白だが、レヴィナスに一蹴される。
レヴィナスの作戦は、衛星フォボスに取り付いているサタンガンダムを完全に爆破し、フォボスの戦力を同時に殲滅するとともに、サタンガンダムを敵に利用されることを防ぎ、かつ技術漏洩を防ぐというものではあるが、
シミュレーション上ではさらにこの続きが予測されることまで告知しなかった。
月舟宗白はこれによってレヴィナスとの確執が生まれる。

12月24日午前9時~
一夜明け、休息をとった両陣営は再び戦闘を開始する。
お互いがかなり消耗しているが、連邦軍は最後の猛攻と衛星フォボスに総攻撃をかける。
最後の最後まで和平交渉を断られたロマノフ・ザビも必死にこれに応戦する。
一方、リュミナが目覚めないままシャルアは再び戦場に赴くことを決め、和平交渉を推し進めようとする
ロマノフ・ザビ率いるジオン軍ではなく、最後の最後まで戦いをやめようとしない
レヴィナスを討つことをジュネルに話し、作戦を取り決める。
そんな折、激しい戦闘のさなかに衛星フォボスに取り付いたサタンガンダムが激しい爆発を起こす。
多数のジオン軍がそれに巻き込まれ、レヴィナスは勝利を確信する。
そして、爆発後のシミュレーションの予測も当たり、火星圏ジオン軍は危機を迎える。

12月24日正午~
サタンガンダムの爆発によって、衛星フォボスは分解していき、火星の重力に引かれ始めた。
それに気づいた月舟宗白はレヴィナスに問い詰めるも、レヴィナスはジオン軍がどうなろうと知ったことではない
と月舟宗白の言葉を跳ね除けこれを利用してネオジオン軍を殲滅しようと目論む。
見かねた月舟宗白は衛星フォボスの落下を阻止しようと単独行動を起こすも、レヴィナスによって離反者扱いされ
追っ手をかけられる。
何とか振り切ろうとする月舟宗白だが専用機の推進剤の補給が十分にできておらずその途中で失速を始める、必死に訴える彼の叫びに気がついたシャルアとジュネルは月舟宗白の救出に向かう。

12月24日午後2時~
何とか月舟宗白の救出に成功するシャルアたち一行。
その後母艦へと帰艦する一向、月舟宗白にこの戦争をとめるにはレヴィナスを倒すしかないことを聞かされる。
一方離散していきながらも火星に引かれていくフォボスの残骸の処理に手間取火星圏ネオジオン軍。
レヴィナス率いる連邦軍に対応する戦力の余力がなく窮地に立たされる。
ここぞとばかりにレヴィナスは火星圏ネオジオン軍に対し最後の猛攻をかける。
シャルア一行がそれを防ぐために連邦軍をとめに入り、交戦となる。
月舟宗白は被弾して機能が低下した自分の機体で戦場へ出てレヴィナスを止めようとするが、マティアスによって阻止される。機体は爆発しコクピット部分は宇宙空間のどこかへと飛ばされていく。

12月24日午後2時~
月舟宗白を助けられず怒りに震えるシャルア、マティアスにその矛先は向けられ激闘を繰り広げる。
シャルアの感情の高まりとともにガンダムに施されたスパイラルサイコフレームは輝き始める。
驚異的な運動性能を巧みにあやつりレヴィナスも一目置くマティアスの天才的なMS戦闘を圧倒していく。
しかし何かに開花したかのようにマティアスはシャルアの動きについていく。
最終的にはその動きにMSがガンダムの動きについていけずにトドメを刺される。

12月24日午後2時00分~

衛星フォボスの火星落下阻止のため火星圏ネオジオン軍は動き出した。
それに協力すべくシャルア達とは別にテテニス財団の率いる3隻の艦隊とミネバ直属であったジオン軍ムルガン1隻、タラニス2隻の計6隻の艦隊が同じく衛星フォボス阻止に向かう。
その中にはフォルテもパイロットとして参戦。ルストエヴィンと共にレヴィナス艦隊と激戦を繰り広げる。
レヴィナス率いるNT部隊は非常に強力で、バラル・ザビとの戦いで消耗しているとはいえ苦戦を強いられる。



0181年
リュミナがシャルアとかつて話していた超超長距離恒星間移動用宇宙船の構想をまとめ始め
廃棄コロニー群を材料として利用した本格的な太陽系脱出計画が開始される。

0184年 
ザビ家の影響力が強すぎ、ダイクン派の思想を重視する一派が地球へと移動する。
(シャア・存続作戦、シャア・アズナブルのメモリークローンを秘密裏に地球へ移送。アフランシ・シャアと命名)

火星圏ネオジオン軍は地球連邦軍に所属するディオス中将の罠にはまり、平和条約を破棄。
第2次火星圏ネオジオン抗争が勃発する。

0184年

第2次火星圏ネオジオン抗争終結。
エリヤとの接触によりシャルアが復活する。

0186年
連邦政府、連邦軍内にマン・ハンティング部局を設立。マハ(MHA)と呼称<ガイア・ギア>
ジュネルが反連邦組織の最高指導者として迎え入れられる。同じくシェリルはジュネルを追いかけ彼と同じくメタトロンの組織に入る。反連邦政府組織として今まで指導者として活躍していたジャック・ブルーム氏はジュネルの補佐役にまわる。
組織の名称を正式にメタトロンと命名し活動を活発化させる。

0191年
かつてのティターンズの如く振舞う地球連邦軍に対し決起したジュネル率いるメタトロンの軍が地球連邦政府へ宣戦を布告する。
シャルア&リュミナ完成間近のコロニー改造型超超長距離恒星間移動用宇宙船にてその情報をキャッチ。
ジュネルに戦争をやめるよう説得に行くも、拘束されてしまう。
メタトロン一派は地球連邦評議会を軍事的に占拠すべての議員を拘束する。同時にジュネルがセファーラジエルデータを公表。地球連邦政府への不満が爆発し、地球各地で暴動が起きる。

連邦評議会占拠より3日経つも暴動はおさまらず、各地の連邦軍は沈静化に手をこまねき、連邦評議会奪還に支障が出る。
交渉の余地があると見せかけ、貧困層の援助基金団体設立とその予算を組ませることをオープンチャンネルで公表させ、それと引き換えにコロニーとの親交も深い議員、ラジエルデータに乗っていない議員らが開放される。


占拠して5日後、議会場において公開処刑が始まる。
これによって議場に残された議員約300名が2日間かけて射殺される。
それによって暴動は沈静化を見せ始め、守るべき議員がいなくなったため連邦軍の議会奪還作戦が本格的に開始されることになる。
メタトロンはジュネルと数名を残し、議会場から撤退を始める。

占拠して7日後、議会場に残った戦力もなくなり、連邦軍の権威を見せつけるべく大軍で
議場を囲んだところで公開処刑をしたジュネルを拘束し、同じく公開処刑にてその威を見せたい連邦軍は生きたまま捉えたいため自首を促す。ジュネルは残された数分で最後の演説をし、この数日で仕掛けていた反物質爆弾の起爆スイッチを押す。
議会場を取り囲んでいた連邦軍の98%は消失する。
セファーラジエル事件終結


0192年
全体にスパイラルサイコミュシステムを利用した防御力場を発生するシステムを内蔵した全長48km、直径8kmの円筒形のコロニーを居住区として使用し、連結して
全長35km、直径6.4kmの円筒形のコロニーを5つを動力部、燃料・材料保管部にした
コロニー改造型超超長距離恒星間移動用宇宙船完成。「エバーフリー」と命名される。
完成に至るまでに11年という歳月をかけて地球圏及び木星&火星にてNTの素養を持つものを集めて
シャルアとリュミナを指導者としてELPは約18万5千人とともにエバーフリーに乗り込み太陽系を脱出する。

0197.06.08

連邦政府、連邦軍内のマハの組織と権限の拡大を承認。地球上の不法居住者摘発強化<ガイア・ギア>
0203.02.21

マハ、反地球連邦運動の拠点、サイド2・ヘラスに進駐。以降、宇宙での活動拠点をヘラスに<ガイア・ギア>

0203.03.24

ガイア・ギアα、ロールアウト<ガイア・ギア>

0203.03.31

メタトロン機関、宇宙戦艦マザー・メタトロン進宙<ガイア・ギア>

0203.04.11

マハ、南太平洋環境保全区にてアフランシ・シャア拘束。メタトロン機関、ガイアギアαを投入、これを奪回<ガイア・ギア>

0203.04.14

スパシアス号とアフランシ・シャア、ホンコン入港<ガイア・ギア>

0203.04.15

スパシアス号クルーとアフランシ・シャア、ホンコンから宇宙へ。マザー・メタトロンと合流。アフランシ・シャア、メタトロン機関のリーダーとして迎えられる<ガイア・ギア>

0203.04.20

マハ、旗艦マハゲイジスを中心とする戦力の地球降下開始。マザー・メタトロンこれを追撃。アフランシ率いるエア・フォース部隊地球へ降下<ガイア・ギア>

0203.04.28

マハ、地球逆移民計画発表<ガイア・ギア>

0218~

地球連邦分裂。縮小・改組されセツルメント国家議会となる。スペースコロニーをスペースセツルメントに改称<Gセイバー>

0220

恒星間移民始まる<強化人間物語 MAD WANG1160>

0223

サイド・ガイア、自治権を確保。サイド8となる。<Gセイバー>

0310

太陽系連邦設立<強化人間物語 MAD WANG1160>

0355

汎銀河共和国設立<強化人間物語 MAD WANG1160>

0559

惑星間戦争<強化人間物語 MAD WANG1160>

1160

太陽系連邦は独立国家へ。<強化人間物語 MAD WANG1160>

機動要塞外殻建造中<強化人間物語 MAD WANG1160>

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黄金聖闘士レブナス

Author:黄金聖闘士レブナス
ゲーム、アニメ大好き
音楽はCLUB MUSIC系統ばかり
主に
HOUSE(プログレ・メジャー・UK・ダッチ・テック・エレクトロetc)
TRANCE(ジャーマン系統好み)
Techno, Hard Techno, Break Beats,DNB...etc

カラオケだとルナシーばっか歌います。

PCスペック
1台目
CPU:Core i7 950
GPU:GeForce580
メモリ:12GB

2台目
CPU:Core i7 930
GPU:GeForce GTS250M(2枚)SLI接続
メモリ:12GB

MMORPGトリックスター
メインキャラ名:レブナス
職業:グラディエイター
Lv.400風使い,今はほぼ休止中

スカッとゴルフパンヤ
ハルルート:シニアE

サドンアタック
レブナス:大尉2本棒

リアル部屋装備
ミキサー:Pioneer DJM-600
CDJ:Pioneer CDJ-900 2個
レコードプレイヤー:Gemini PT-2000Ⅲ 2個
イコライザー:CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CN360
AVマルチチャンネルアンプ::Pioneer SC-LX73
メインSP:Pioneer S-81B-LR ペア
サイドSP:Pioneer S-81B-LR ペア
サブウーファー:Pioneer S-71W

サラウンドバックSP:ONKYO D-412EX(インピーダンスの事情でSC-LX73 につなげず飾りにしかなってない始末w)

購入予定
Pioneer RMX-1000 ※予約済み
Pioneer DJM-900 nexus 年内中にローンで購入のつもり

最新トラックバック

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。